サーフサイドの暮らしを持ち前の明るさとフットワークの軽さで叶えた、サーフガール紹介

アーティストの街、湘南「茅ヶ崎」

こんがり焼けた小麦肌に太陽より笑顔が眩しいサーフガール、畠山侑加。彼女が家族で移住を決めた土地は、クリエイティブな感性をもつ人々が集う街、湘南。その中でも茅ヶ崎は、アーティストが多いことで有名だ。
開放的な雰囲気に都会的なエッセンスがプラスされた独自の文化と、自分の「好き」を大切にできる恵まれた環境。誰かの「好き」と「好き」が融合し、また新たなケミストリーが産まれるなリベラル場所でもある。
彼女は、その個性的な心地良さと、自然を身近に感じながらオシャレも楽しむことができる「ちょうど良さ」に魅了され、数年前に移り住んだ。